スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねずみちゃん

akeome.gif


ダブルチーズバーガ

友達への年賀状のようなそうでないような・・な あれ
まだ送ってないってか今日描いたんだから・・しょうがないYO

あ、続きはちょっとした?小話というかなんというか


.

ちょっと前までやってた猫の絵の連作が出来上がったので
微妙な小話を交えつつまあ見てやってほしいな的な
まだ表紙ついてないので中身だけなのですが・・・


CA320156.jpg
1 「マリア」
「黒い聖母」のイメージでした
彼女が逆光で真っ黒なのか、はたまた黒猫なのかは私も知りません
抱える赤子は胎児の姿ですが、私はこの形がとても好きです
だいたいの脊椎動物は、細胞分裂を始めてまずこの形になるからです

CA320157.jpg
2 「child」
子供は怖いです
物を壊し、命を奪い、人を傷つけます
なんかよくわからないけど謎の使命感に駆られ
狭い視野で物を見て、おかしな秤で物事を計り
平気で恐ろしいことをします
私も昔は「ミミズを守ってあげよう!」という謎の使命感に駆られ
蟻を大量虐殺したものです

CA320158.jpg
3 「皿」
これ、出してなかったですよね
昨日即席で描いた上に印刷後にデータをうっかり消したというアチャーな絵です
食というのは私にとってとても興味深い生理現象です
睡眠や繁殖行為よりも一番自分の生き死にに関わってくることだからです
食べる側も食べられる側も生き死にに関わってくることだからです
でもこのねずみは食べるために殺したわけじゃないんですよ

CA320159.jpg
4 「男と女」
ルビンの壷ってやつが好きなのです
ほら、ちゅーしちゃえよ って思います
林檎と蛇はまあそのままですが
先生に見せたら蛇がうなぎっぽいって言われましたね
私だってヘビらしい色に塗りたかったのです
でもこの黒い蛇はシュトゥックの描いたあの真っ黒な蛇をイメージして描いたものだったのです
残念ながらうなぎになってしまいました
シュトゥックさんすいません

CA320160.jpg
5 「宿命の女」
西洋美術史でこの言葉を教わったとき是非描きたいと思って描きました
死体で着飾る女性、な感じです
鳥のイメージは、ずいぶん前にどこかで鳥の死体の写真を見たときに出来上がっていました
まあその鳥の死体は「キレイだろ・・・これ、死んでるんだぜ」という感じで生きているように目もぱっちり開いていて、血も一滴もついてなくて、なんで死んでるのかわからない不思議な写真でした
でもその写真をみてすぐに死体だと思ったのは、その鳥がちょうどこのような恰好でひっくり返っていたからでした
人間がこの姿勢でひっくり返っていても死んでるなんて思いませんけど
鳥はなぜか死んでいると思ってしまうのが不思議でした

CA320161.jpg
6 「5%~25%」
彼らの生存確率です
結合性双生児は生まれてすぐ死んでしまうことが多いです
サイトで出したのよりだいぶ手を加えました
シャム猫のシャム双生児というどうしようもない不謹慎な駄洒落です
どうでもいいですけどシャム猫の模様とあのすらっとした顔の形が大好きです
・・はいすいません、この絵だけあまりちゃんとした考えが無いのです

CA320162.jpg
7 「予感」
時計は死の象徴として描きました
私結構古典絵画とかのメタファーの表現とかが好きで
(頭があまりよくないのでうまく取り入れられないのですが)
今回はちょっとがんばってやってみようという実験でもありました
蟻も同じです 死体に群がる真っ黒な彼らはカラスと同じように死の象徴でいいと思います
また、薔薇の絵もいつかは枯れるっていうアレです

CA320163.jpg
8 「蝋燭」
蝋燭もまた、上に同じく
これはまあ見てのとおりラ・トゥールの絵をイメージして描きました
そうみるとおわかりだと思いますが右のやつは死です
鎌の先が、見えませんけどね


1から8までの順番は生まれてから死ぬまでの流れになっています
基本的にこういうのって、言わぬが花っていうか、一点一点こんなくどい解説つけないほうがいいんでしょうけど
私の無い頭だいぶひねって考えたので
ああこんなこと考えてたのね程度に思ってくれるとうれしいです
頭のいい絵が描きたいなあー




Copyright © 2003-2013 eeeeeat! All Rights Reserved.